トンガリプロジェクトvol.19 Salut井筒 その2/のんびり 森ヶ前散歩

 


Salut井筒

子育て世帯のご入居を募集しています。

建築にもその想いが反映されています。

そして、周辺も落ち着いた住宅街で、子育てにはおすすめの環境です。


 

気持ちの良い秋晴れのある日。

下鴨の住宅街をぐるっとお散歩。

Salut井筒の建築が進む、下鴨森ヶ前町。

平日のお昼間。

のんびりとした時間が流れていました。

 

-下鴨森ガ前児童公園

Salut-からほんとにすぐ近くの公園。
ちょっとお散歩に、ちょっとピクニックに。

木漏れ日がきらきら ゆらゆら。

〈近所の公園〉って、大切な存在。
いまそこで過ごしているその瞬間も、それからずーっと時間が経ってからも。

-周辺

周辺は落ち着いた住宅街。

すこし足を延ばすと、高野川。
遊歩道にベンチ、周辺住人の憩いの場。
南に下ると鴨川デルタで加茂川と合流します。

大通りまで出れば、
スーパー「COOP」やショッピングセンター「阪急洛北スクエア」「イズミヤ」、
病院、郵便局、コンビニなど、いろいろ揃っています。

-小学校、中学校

フラットエージェンシー左京店、地元出身者が在籍しております。

子育て世帯のお部屋探し、学区は重要だと思います。

学区や地域の雰囲気もお伝えさせていただきます!

(ここは下中生のデートの待ち合わせ場所になる、とかも…地元話は楽しい♪)

***

とっても気持ちの良いお散歩日和だったこの日、

おうちの前にシートをひろげて、
日向ぼっこ中のちいさな姉弟を見かけました。

そんな風景も馴染む、穏やかなまち。

下鴨森ヶ前町 Salut井筒、
残り一室です。お問合せお待ちしております。


Salut井筒
2021年2月中旬入居可能予定《建築中》

京都市左京区下鴨森ヶ前町6-1
葵小学校・下鴨中学校区

地下鉄烏丸線 松ヶ崎駅 徒歩17分
京阪 出町柳駅 徒歩20分

〈Nishi〉成約済み
2LDK / 南向 / 83.43㎡
賃料 200,000円

〈Higashi〉商談中
3LDK / 南向 / 87.48㎡
賃料 210,000円

共益費 12,500円
敷金 賃料の1ヶ月分
礼金 賃料の2ヶ月分

保険料 20,000円
更新料 賃料の1ヶ月分
契約期間 2年

システムキッチン(3口IH+グリル)・エアコン各室有・アップライトピアノ設置可(楽器相談可)・無垢フローリング・食器洗乾燥機・追い焚き機能・温水洗浄便座・浴室乾燥・床暖房・防犯カメラ・TVモニターフォン・宅配ボックス・ネット無料(wifi付)・屋内駐車場1台込

配置図 (※北棟は成約済)

 

トンガリプロジェクトvol.19 Salut井筒-その1/こどもは風の子-

 

こどもは風の子、
おとなは火の子―

意味は皆様知っての通り
ですが、
こんなふうに解釈することも
可能ではないでしょうか?

こどもは
外の、自然の、空気や風の、ここちよさを、
おとなは
内の、家の、温もりや安らぎの、ここちよさを、知っている―

風が抜けるテラスで、
陽の注ぐ中庭で、
こどもたちが、のびのび 遊び、育ち、
そして、
それこそが〈家〉の温もりとなる、
そんな循環が生まれる場所へ。

新築「Salut井筒」
子育て世帯のご入居を募集しております。

完成予定は来年2月。
それまでの間、家主様の想いや、周辺環境など、
色々お伝えしていければと思います♪

屋根付テラス(10帖)

屋根付テラス(10帖)

中庭

中庭


Salut井筒
2021年2月中旬入居可能予定《建築中》

京都市左京区下鴨森ヶ前町6-1
葵小学校・下鴨中学校区

地下鉄烏丸線 松ヶ崎駅 徒歩17分
京阪 出町柳駅 徒歩20分

〈Nishi〉
2LDK / 南向 / 83.43㎡
賃料 200,000円

〈Higashi〉
3LDK / 南向 / 87.48㎡
賃料 210,000円

共益費 12,500円
敷金 賃料の1ヶ月分
礼金 賃料の2ヶ月分

保険料 20,000円
更新料 賃料の1ヶ月分
契約期間 2年

システムキッチン(3口IH+グリル)・エアコン各室有・アップライトピアノ設置可(楽器相談可)・無垢フローリング・食器洗乾燥機・追い焚き機能・温水洗浄便座・浴室乾燥・床暖房・防犯カメラ・TVモニターフォン・宅配ボックス・ネット無料(wifi付)・屋内駐車場1台込

配置図 (※北棟は成約済)

 

トンガリプロジェクトvol.18 下鴨修学館ー芒種ー

あれよあれよともう6月。

関西も梅雨入りしたのでしょうか…!

今日さっそく少し雨が降りました。

暑い日が続き、熱気を帯びていた町に

鎮静の雨が降りました。

あ!

それから、そろそろ「蛍」の現れ始める時季だとか!

修学館の位置する下鴨疏水周辺は蛍が出るそうです。

私は下鴨疏水では実際に見たことはないのですが、

すぐ近くの京都工芸繊維大学の構内で

なぜか1匹だけ、私の胸元にふわ~と飛んできて、

ふわふわとゆっくり漂っていたので、

そのままそっと手のひらに収めたことがあります(笑)

ふわりふわりと幻想的な光を放ち、本当に綺麗でした。

(お隣のデスクのSさんには「ジブリみたい…」と言われました笑)

きっと、下鴨疏水からちょっと遠征してきた蛍さんだったのだと思います。

本当に疏水に蛍が飛び交うのであれば、

修学館の住人さんにとって、この初夏の季節はとっておきの、

心待ちの、シーズンになること間違いないと思います。

そんな季節折々の風情を感じられる暮らし、いいなぁ!

*****

さて、改修工事真っただ中の修学館へ。

ちょうど現場監督の今井建築部長が来られていました。

細かな指示が耳に入ってくるにつき、

完成に向かって、止まらず進み続ける現場のパワーを感じました。

暑い中、職人さん方も本当にお疲れ様です。

熱中症にお気をつけて…!!

とはいえ、今日は(最高29度・曇り少し雨)

館内、風が抜けて気持ち良かったです。窓が多いからでしょうかね♪

 

着々と進みゆく工程の中、

先日は内装の打ち合わせがあったようです。

修学館の住まい手となり、運営、暮らしの創造を牽引されるCiftの皆さんも来られていたようで、

CiftさんのHPにその様子が公開されていました。

Cift京都、始まるよーっ!

”各所の部材が迷いなく決まっていく”

関係者皆様の目指している方向性やイメージが共有されている感じが犇々と伝わってきます。

それってすごいですよね。

今までの歳月・コミュニケーションの積み重ね、理念の共有があってこそですね。

ダークグレーの天井!内装も要注目!出来上がりが楽しみです♪

 

まだ手付かずの古い部材(おそらく近日中に改修されるかと思われる)が回を追うごとに少なくなり、

旧修学館の名残をとどめる障子や年期の入った床や壁なんかを見ていると、少し寂しくはなりますが、

このCift福田さんの記事を読んでいて、きっと修学館は喜んでいるよなって思いました。(謎の建物目線…)

 

再出発のときはもうすぐそこです!

 

この場所で、新しい暮らしを模索・実践し、ともに暮らしを謳歌するメンバーを

若干名(一般募集部屋:残り4室)募集しております。

下記サイトよりコンセプト等の詳細をご覧頂けます。

ご興味・関心のある方はぜひお問合せ下さいませ。

《京都下鴨修学館》https://premium-kyoto.com/syugakukan/

*****

20200610

 

【物件概要】
物件:京都下鴨修学館
構 造:木造2階建 全25戸(一般募集12戸)
築年月:昭和45年3月
(令和2年7月リノベーション工事完成予定)

入 居:2020年9月上旬~予定
対 象:男女、学生、社会人
所在地:京都市左京区下鴨東岸本町14
交 通:地下鉄烏丸線「松ヶ崎」駅徒歩11分

【賃貸条件】
家 賃:4.5畳1間/25,000円 4.5畳2間/40,000円
共益費:15,000円(水道電気ガス代込み)
礼金:無し
敷金:賃料の2ヶ月分(退去時清掃代:賃料の1ヶ月分)
火災保険加入要:13,000円/2年
くらしーど24:15,000円+税/2年

契約期間:5年
更新料:4.5畳1間/12,500円 4.5畳2間/20,000円
取引態様:専任媒介
(※仲介手数料:賃料の半月分(税別))

【設備】
インターネット無料、オートロック、宅配ボックス、エアコン(各室有)
専用庭、談話室、共同:キッチン・浴室・シャワー室・トイレ・ランドリー
(※改装中により仕様が変更になる場合がございます。)

 

*****

 

京都で空き家の活用・売買・賃貸はお任せください。
「空き家」に関するご相談は下記よりお待ちしています。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

住所

相談内容
空き家の活用を一緒に考えたい空き家を売りたい空き家を買いたい空き家を貸したい空き家を借りたい空き家でこんなことがしたいその他

物件住所(空き家をお持ちの方)

メッセージ本文

写真を添付する(5MBまで)

トンガリプロジェクトvol.18 下鴨修学館ー小満ー

5月21日、

ただいま「小満」まっただなか。

小さく満ちる…?

なんだかイメージのつきにくいお名前の季節。

ちなみに、万物の気が世界に満ち始めるころ、だそうです。

それはいったいどんな季節…?とぼんやり考えながら、

絶賛改修中の現場へお邪魔してきました。

 

***

 

階段の向きが変わっていたり、

2階のラウンジが広がっていたり、

新しい形がみえてきつつある修学館。

新旧入り混じった姿に、

なんとなく少し寂しくもありつつ…。

 

あちこちの窓や戸が開かれていて、

ふわ~っと風が抜ける館内。

あ、もしかして、これは「小満」?

…万物の気が世界に満ち始めるころ。

 

防犯や空調など、

密閉性の高い空間が増えている現代ですが、

こういう季節には、風を感じたいですね。

 

1階のダイニングキッチンには、大きな開口部があります。

その外側のお庭には広いデッキが設置される予定です。

とても気持ちの良い風が吹いていましたよ。

 

***

2020.05.22

 

【物件概要】
物件:京都下鴨修学館
構 造:木造2階建 全25戸(一般募集12戸)
築年月:昭和45年3月
(令和2年7月リノベーション工事完成予定)

入 居:2020年9月上旬~予定
対 象:男女、学生、社会人
所在地:京都市左京区下鴨東岸本町14
交 通:地下鉄烏丸線「松ヶ崎」駅徒歩11分

【賃貸条件】
家 賃:4.5畳1間/25,000円 4.5畳2間/40,000円
共益費:15,000円(水道電気ガス代込み)
礼金:無し
敷金:賃料の2ヶ月分(退去時清掃代:賃料の1ヶ月分)
火災保険加入要:13,000円/2年
くらしーど24:15,000円+税/2年

契約期間:5年
更新料:4.5畳1間/12,500円 4.5畳2間/20,000円
取引態様:専任媒介
(※仲介手数料:賃料の半月分(税別))

【設備】
インターネット無料、オートロック、宅配ボックス、エアコン(各室有)
専用庭、談話室、共同:キッチン・浴室・シャワー室・トイレ・ランドリー
(※改装中により仕様が変更になる場合がございます。)

 

京都で空き家の活用・売買・賃貸はお任せください。
「空き家」に関するご相談は下記よりお待ちしています。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

住所

相談内容
空き家の活用を一緒に考えたい空き家を売りたい空き家を買いたい空き家を貸したい空き家を借りたい空き家でこんなことがしたいその他

物件住所(空き家をお持ちの方)

メッセージ本文

写真を添付する(5MBまで)

トンガリプロジェクトvol.18 下鴨修学館ー穀雨ー

 

「穀雨」あらゆる穀物を育てる恵みの雨が降るころ。

確かに春雨の降る時期でしょうか…?

新緑の香りを伴って、むっとした雨が。

ひんやりとした日が続く今年は、冷たい雨が降りました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

前回の取材時には、満開の桜に覆われていた下鴨疏水ですが、

この2週間で一変、

若葉が萌え、一帯一面の緑・緑・緑。

植物の生命力に圧倒されます。

何度も通っている道ですが、

葉が茂り、花が咲いたことで、

道中、様々な植物の存在に気づきました。

多様な植物の重なりに、心が落ち着きます。

野草に詳しい方とぜひ散策したいものです。(野鳥も!)

さて、そんな、日々移りゆく疏水沿いの風景ですが、

修学館の改修も着々と進んでおりました。

***

前回、床が解体されていて、泣く泣く撮影をあきらめた

建物2階正面(疎水を望む一等地!)のラウンジ部分、

隣のお部屋まで拡大され、開放的になっていました!

とても気持ちの良いラウンジになりそうです。

そして、お部屋のほうですが、

もともと女子学生の寮として使われていたので、

四畳半のお部屋がずらりとならんでいたのですが、

この改修で二間続きのお部屋が登場。

疎水を望む窓が自室に2面あるなんて、贅沢。。。

例えば、「仕事と読書の空間」(疏水沿い窓あり)

「寝室とくつろぎの空間」(疏水沿い窓あり)ってこと…いいなぁ!

それぞれの四畳半、どんなふうに使い分けますか♪

一方で、四畳半一間の小さなお部屋もこじんまりとしていて、

自分の大切なものを詰め込んで埋もれたい、そんなサイズ感。

庭側(南)のお部屋は日当たりばつぐん、お庭から光がたっぷり注ぎます。

疏水側(北)はいわずもがな、素敵な小川が流れています。

桜をはじめ、たくさんの木々植物も、すぐ目前に。

日々移ろいゆく自然の様子や、通りすがりのわんこの散歩なんかを眺めたり、

ささやかな楽しみができるかもしれません。

***

屋根瓦の工事に水回りの配管工事も、

ひとつひとつ着々と進行中でした。

先の読めない情勢下ですが、

新しい暮らしや家族の在り方を共に考え、

暮らしていこうとする人々が

この場所に集える時、

来るその時に向かって、

一歩ずつ前へ進んでいます。

2020.04.25

【物件概要】
物件:京都下鴨修学館
構 造:木造2階建 全25戸(一般募集12戸)
築年月:昭和45年3月
(令和2年7月リノベーション工事完成予定)

入 居:2020年9月上旬~予定
対 象:男女、学生、社会人
所在地:京都市左京区下鴨東岸本町14
交 通:地下鉄烏丸線「松ヶ崎」駅徒歩11分

【賃貸条件】
家 賃:4.5畳1間/25,000円 4.5畳2間/40,000円
共益費:15,000円(水道電気ガス代込み)
礼金:無し
敷金:賃料の2ヶ月分(退去時清掃代:賃料の1ヶ月分)
火災保険加入要:13,000円/2年
くらしーど24:15,000円+税/2年

契約期間:5年
更新料:4.5畳1間/12,500円 4.5畳2間/20,000円
取引態様:専任媒介
(※仲介手数料:賃料の半月分(税別))

【設備】
インターネット無料、オートロック、宅配ボックス、エアコン(各室有)
専用庭、談話室、共同:キッチン・浴室・シャワー室・トイレ・ランドリー
(※改装中により仕様が変更になる場合がございます。)

トンガリプロジェクトvol.18 下鴨修学館ー清明ー

 

「清明」
万物が息を吹き返し若返る、清々しく明るい季節。

まさにその通りすぎて、
《二十四節季》の凄さに驚きが隠せません。。。

生きとし生けるすべてのものが
春を謳歌し輝く様の、下鴨・琵琶湖疏水沿い。
春爛漫!

そんな、生命力漲る“清明”のころ、
修学館の解体も勢いよく進んでおりました。

***

いつもトップ画像用の写真を撮っていた、
2階北西角のラウンジ(玄関のちょうど上です)は
床が抜かれて梁だけの姿に…

満開の桜を見たくて、梁を渡ろうかと悩みましたが
さすがに諦めました。。。
ここから見る桜並木、さぞ綺麗だろうな~

この、桜をみるのにうってつけのお部屋は
共用のラウンジとして、シェア生活の重要拠点となるはず。
来年の今頃には、住人さんたちのお花見会場になるでしょうか…?

それから、疏水側の塀もなくなりました。
北側のお部屋から見る、満開の桜は圧巻です。
桜の見える疏水側のお部屋か、中庭側の南向きのお部屋か、
はたまた1階か2階か。。。。お部屋選びが悩ましいですね。

***

次に行く頃には、
《新生》修学館、の姿が少しずつ、見えてくるでしょうか。

楽しみです。
2020.4.7

【物件概要】
物件:京都下鴨修学館
構 造:木造2階建 全25戸(一般募集12戸)
築年月:昭和45年3月
(令和2年7月リノベーション工事完成予定)

入 居:2020年9月上旬~予定
対 象:男女、学生、社会人
所在地:京都市左京区下鴨東岸本町14
交 通:地下鉄烏丸線「松ヶ崎」駅徒歩11分

【賃貸条件】
家 賃:4.5畳1間/25,000円 4.5畳2間/40,000円
共益費:15,000円(水道電気ガス代込み)
礼金:無し
敷金:賃料の2ヶ月分(退去時清掃代:賃料の1ヶ月分)
火災保険加入要:13,000円/2年
くらしーど24:15,000円+税/2年

契約期間:5年
更新料:4.5畳1間/12,500円 4.5畳2間/20,000円
取引態様:専任媒介
(※仲介手数料:賃料の半月分(税別))

【設備】
インターネット無料、オートロック、宅配ボックス、エアコン(各室有)
専用庭、談話室、共同:キッチン・浴室・シャワー室・トイレ・ランドリー
(※改装中により仕様が変更になる場合がございます。)

 

トンガリプロジェクトvol.18 下鴨修学館ー春分ー

 

 

「春分の日」から1週間。

この1週間で一気に桜の開花が進みました。

いつもなら、

多くの観光客で賑わうはずの京都ですが

今年はひっそりと。

そんな人間社会の実態をよそに、

圧倒的な勢いでやってきた「春」…!

さくらのつぼみが、

今にもひとつふたつと花ひらいていきそうな

春の陽気の中、修学館の解体がスタートしました。

***

いまのこの姿を見れるのは、

これで最後かもしれません。

それは少し寂しいけど、

桜満開のころ、

桜の散るころ、

新緑になるころ、

一体どんな姿になっているのか

楽しみです。

***

2020.3.26

トンガリプロジェクトvol.18 下鴨修学館ー雨水ー

二十四節季、雨水。
雪から雨へ、氷から水へ変わりはじめる頃。

草木が芽生え、春へと向かい始めるちょうど今の時期、
二十四節季では「雨水(うすい)」と言うそうです。

桜並木の疏水沿いに佇む可憐な館「修学館」。
もともとは女子学生の寮でした。
数年の休息を経て、これからまた新たな一歩を踏み出します。
再出発の様子を季節の移り変わりとともにレポートしていきたいと思います!

***

そろそろ現場が始まるかもということで、
本日、疏水沿いを自転車をこぎこぎ、行って参りました。

鳥のさえずり、疏水の音、土手の緑のふかふかした感じ、
水仙の香り、わんこの散歩がのんびり通り過ぎていく感じ、、、

こういう場所が自分の仕事場であることに
ついついにんまりとしながら、自転車を走らせ、
到着しました、「京都下鴨修学館」。

目を引く可愛らしい外観。
通るたびに、気になっていたのですが
いつもひと気がなく、謎の存在でした。
(寮としての役目を終えてからここ数年は使われていませんでした)

そんな気になる存在だったこの建物に、
再び灯りがともり、扉が開かれたことが、
周辺をよくぶらぶら散歩していた一市民として
とにかく嬉しい。

思い出や思い入れがどれだけ詰まっていようと
容赦なく、取り壊しされていく町の現実を見ていて、
この建物が再び新しい役目を担って、再スタートを切れたこと、
本当によかったなぁと思います。
オーナー様はじめ、関係者皆様のご尽力のたまものです。

疏水沿いの桜は、まだ固そうなつぼみ。
でも全体の枝が、ほんのりとピンクがかっているように見えました。
修学館の改修の進行とともに、
この桜並木、いつかは満開になるんだなぁと思うと
それもまた楽しみです。

今日はまだ本格的な改修は始まっておらず、
業者さんがお掃除をされていました。
まずはきれいに磨きあげて。

また季節がひとつ進むころ、様子を覗きにいってきます!

 

 

 

トンガリプロジェクト Vol.17.2 アトリエを手に入れる。

左京区北白川。

京都造形芸術大学近くの、静かな住宅街にある、

とある学生アパート。

お風呂やトイレが共用の、いわゆる「下宿」タイプの物件だ。

新築からの長い年月、

自らの役割を全うした。

そして、迎える2020年。

次なるステージへと、階段を上がります。

 

今回は、

シェアアトリエ付きの、

シェアハウス。

なんでもシェアする時代だから、

アトリエもシェアしましょう、っていう話。

賃貸アパートに住みながら、

入居者だけが利用できるアトリエ(共同作業スペース)

が付いた物件です。

シェアアトリエの一角には、防音室もあるので、

多少の音の出る作業もOKです。

*時間制限等はあります。

制作に打ち込みたい学生さんにもいいですし、

大学などを卒業後、

アトリエスペースの確保に苦労している方々にも。

没頭できる場所があるって贅沢だ。

一緒に住むシェアメイトの刺激をうけて、

もっともっと飛躍する。

 

かの有名なトキワ荘のように。

 

アートやデザインは心を豊かにしてくれる。

ここでの「ものづくり」を通して、

新しいコトが産まれることを願って。

 

集え、表現者たち。

そして、飛び立て。

 

【物件概要】

物件名:(仮称)アパートSAITO

構 造:木造2階建 全16戸

築年月:不詳(2019年12月リノベーション工事完成予定)

入 居:2020年3月上旬~予定

対 象:男女、学生、社会人

所在地:京都市左京区北白川東伊織町4番地1

交 通:叡山電鉄「茶山」駅徒歩7分/市バス「上終町」停徒歩3分

 

【賃貸条件】

家 賃:29,000円~41,000円

共益費:10,000円~11,000円(103,105,207,209号は個室の水道代も含む)

(共用部の電気、ガス、水道、インターネット使用料含む)

居室の電気は子メーター(開栓手続き不要、毎月弊社にて検針して請求)

礼 金:賃料の1ヶ月分

敷 金:無し(契約時清掃費:1万円+税)

火災保険加入要:13,000円/2年

保証会社加入要(全保連)

学 生:1万円(初回のみ)

社会人:毎年プラン(契約時:月額の30%、毎年:1万円) or 初回のみプラン(月額の80%)

口座振替サービス:300円+税/月

定期借家契約2年

再契約料:賃料の1ヶ月分(再契約仲介料は無し)

取引態様:貸主(仲介手数料無し)

 

【設備】

各室:エアコン1基、床:ウッドタイル、

103,105,207,209号のみキッチン(IH1口コンロ)付

共用:キッチン×2(1階、2階)、リビング(2階)、シェアアトリエ(1階)

防音室(1階)、インターネット無料、浴室2室、シャワー2室、洗面5台

洗濯機4台、トイレ4室 駐輪:自転車1台(原付は要相談)

 


【event】
\2.1.sat/アトリエ付きシェアハウス完成見学会

日時:2020年2月1日(土)11:00~16:00
場所:京都市左京区北白川東伊織町4番地1
地図:https://goo.gl/maps/miXgKY8jgD9NNH8p9

どなたさまでもご自由にご見学いただけます。
当日は現地にスタッフがおります。

▶イベント詳細はこちら
https://www.facebook.com/events/457402235141789/


 

平面図

*写真はリノベーション工事前のものです。

 

トンガリプロジェクトVol.16.2 農園コミュニティー。

2019年8月完成の、「農園コミュニティー。」

「食」をテーマとしたちいさなお店の集まり。

5区画あった募集は、あと1区画。

 

大家さんがつくったお米と朝採れ野菜。

おにぎりやお総菜の販売店。

自家焙煎のコーヒーショップ。

中華総菜の販売店。

 

1人でもお店を始められるように。

小規模な店舗面積。

広く一般の方に貸し出し可能な厨房、レンタルスペースなど、

御薗橋商店街のコミュニティの場として、

着々と準備が進んでおります。

これから開店となる区画がほとんどですが、

大家さんのお店はこちらのお顔として営業されていました。

 

とある日。

 

御薗橋通りの道沿いには、

白菜、丸大根、キャベツ、ネギ、柿など

季節の顔たちがそろい踏み。

お野菜たちをのぞき込んでいると、

大家さんが出てきてくださいました。

自炊はニガテなワタシですが、

つやつやとしたお野菜に見惚れ、

丸々と大きなキャベツを購入。

ぎっしり中身がつまっている重み。

お野菜の保存方法のアドバイスもいただいて、

帰ってキッチンに立つのが少し楽しみになったり。

ちょうどお米も底をつきそうだったので、

ミルキークイーンというお米も購入。

両手でお米とキャベツを抱えて、うきうき。

 

スーパーに行っても何を買ったらいいのか分からなくて、

こういう風に生産者さんのお話が直接聞けて、

どんなお野菜なのか、どんな風に調理したらいいのか、

なんて他愛もない話、できるっていいな。

よくお顔のはってあるお野菜はあるけれど、

ここならお顔をあわせて買うことができる。

ほかのお客さんも続々と。

大家さんはぜったい外まで出てきて、

お客さんひとりひとりとお話。

 

「食べる」って毎日欠かせないことだから、

もっと大事にしていきたいって思えた。

ワタシの健康のために。

地域がワタシをつくってくれる。

 

さぁさ、ここに並んで。

「食」で御薗橋(みそのばし)を元気に。

寒さ強く乗り越えて、

はじめましょう、農園コミュニティー。

出店者募集中です。


⊿みそのばし食の小路

農業を営む大家さんが、
商店街に面した農地の一部(約50坪)を交流広場として開放。
「食」をテーマとした5店舗が、広場の中に完成しました。
店舗前の芝生広場でくつろぎながら、「食」を楽しむことができ、
御薗橋商店街に賑わいを取り戻し、
地域に貢献したいという思いが込められています。

 

図面

[物件概要]
名 称:みそのばし食の小路
所在地:京都府京都市北区大宮東総門口町
構 造:木造 1階建
面 積:約13.5㎡(B/C/D)
坪 数:約4.08坪
築年月:令和元年8月完成
現 況:空き
業 種:軽飲食、物販
設 備:電気、ガス、給排水(店舗内)
用途地域:近隣商業地域 

[募集条件]
賃 料:各50,000円(外税5,000円)
共益費:10,000円(外税1,000円)
保証金:賃料の2ヶ月分
保証金返還率:3年未満30%、3~5年未満50% 5年以上70%
契約年数:定期借家契約5年
再契約料:賃料の半月分

[取引態様]
仲介(※成約の際、仲介手数料として成約賃料の1ヶ月分+税が必要)

 

▽この夏頃のお話はここから。


続きを読む