トンガリコラムvol.1 松ヶ崎 ―小さなごはん屋さんの物語―

 

このあいだ、「世界ふれあい街歩き」を見ていたら、

スウェーデンのビスビーという街の回で、

築200年以上の古いお家にお住まいの方が

かつてこの家に暮らした人たちについて調べていて、

(どんな職の人だったかとか、分かっているそうです)

改修したりするときには 家を住み継いできた方々の許しを得てから…

という気持ちでやっているとおっしゃっていました。

大切にされてきたお家や、皆の憩いの場だった空間など、

その場所が、どんな風に使われてきたのか

そこにどんな思いが蓄積されているのか

そんなことが、少しでも知れたなら、

引き継ぐ側、引き継がれる側、

双方にとって、とても幸せなことではないでしょうか。

そんな思いを込めて、ご紹介したいのが

左京区松ヶ崎のテナント物件、「松ヶ崎堀町の店舗」です。

ここは、ついこのあいだまで、 「菜彩」というお料理屋さんでした。

鯖の定食や、ハンバーグ、ロールキャベツなど、

ほっとする家庭料理。

28年間、地域に愛されてきたお店です。

閉店間近の10月末、

実はこっそり、お邪魔してきました。

五山の送り火「妙・法」の山裾、

水路が小さな音を奏でて流れる

松ヶ崎の旧街道沿いに

あざやかなお花ののれんが揺れていました。

顔なじみらしきお客さんが

カウンター越しに、お店のご夫婦と談笑されていて、

和やかな雰囲気の店内。

飾られている素敵な絵はご主人が描かれたものだとか。

席の後ろには、美味しそうに漬かっている梅干しの瓶。

本棚には松ヶ崎の郷土本や各地の紀行本など。

テーブルにはお花が活けられていて。

 

あ~。

なんとも、ほっとする場所。

主菜・副菜・お味噌汁にお漬けもの。

丁寧にきちんと作られたものの、滋味深い優しい味わい。

ごちそうさまでした。

「閉店までにもう一回きますよ!」って宣言して帰るお客さんも。

良い人に借りてもらえたらええね。

調理場の設備とかはどうすんの?

次使わはるかもしれんし、置いといてって不動産屋に言われてん。

そうか。次も家庭料理のお店やったらいいな。

 

聞こえてくる会話のひとつひとつに、

寂しさやら色々綯い交ぜになった複雑な思いがこもっていて。

場所をつなぐという、私たちの仕事にとても重みを感じた瞬間でもありました。

この場所を頼りにしていた人は少なくないと思います。

間違いなく、地域に愛されてきた場所。

たくさん、温もりが宿っています。

新しくここで開店する上で、設備や躯体や、色々な課題があるとしても、

ここがたくさんの人に愛されてきた場所であること、

それを知って引き継げるのは、とても「安心」なことではないでしょうか。

どうか、この場所が、

素敵な方に引き継がれますように。

令和元年11月、菜彩さんに敬意をこめて。

物件:松ヶ崎堀町店舗(北)

   京都市左京区松ヶ崎堀町/ 地下鉄烏丸線「松ヶ崎」徒歩7分

   木造2階建/ 1階約30.5㎡ ,2階約30.5㎡(1階9.22坪 2階約9.22坪)

   築不詳/ 第二種中高層住居専用地域

 

賃料:150,000円(外税15,000円)

敷金:賃料の3ヶ月分

契約年数:定期借家契約10年

取引態様:仲介(成約時、仲介手数料として成約賃料の1ヶ月分(税別)要)

備考:家賃保証会社加入要/ 集金代行システム加入要

 

現況:空き予定(2019年11月退去予定)

※商談中※

業種:軽飲食・物販・事務所・アトリエ・ギャラリー・美容